JAバンク住宅ローン

なぜJAバンクの住宅ローンがいいの?

金利が低く、消費税増税直前の今、家の購入を考えている方が増えているようです。住宅を購入する時に、ほとんどの方が住宅ローンを利用することになるでしょう。では、どこの住宅ローンを利用すればいいでしょうか?数ある住宅ローンで、金利も低く、審査も通りやすいJAバンクがおすすめです。ただ、JAバンクは各地域で独立しているため、住宅ローンに異なる部分もあり注意が必要です。

JAバンクってどんな金融機関?住宅ローンの審査は甘い?

このサイトでは、JAバンクの住宅ローンについて、特徴やメリット・デメリットなどをお伝えしたいと思います。

 

まず、JAバンクとは、どのような金融機関なのでしょうか?

 

JAとは、Japan Agricultureの略で、正式名称は農業協同組合(いわゆる農協)です。

 

 

 

 

 

JAの中心事業は、下記の3種類で、農協3事業と呼ばれています。

 

経済事業:組合員の生産物を販売や、農業に必要な肥料や農薬,機械などの供給を行います。
信用事業:通称JAバンクと呼ばれ、営農指導や貯金,貸付,証券業などを行います。
共済事業:通称JA共済と呼ばれ、生命保険や損害保険に相当する組合内の共済を行います。

 

JAバンクは、農業協同組合(JA),信用農業協同組合連合会(信連),農林中央金庫(農林中金)による信用事業を指します。

 

基本的には、銀行の預貯金に相当する事業、資産運用、各種ローン(住宅ローン・マイカーローン・カードローンなど)、農業従事者向けの融資などの業務を行っています。

 

JAバンクは金融機関としては特殊な位置にあり、一般の金融機関は、事業などの制限が厳しいですが、JAバンクでは、法律的に比較的幅広い業務が許されています。
JAバンクでは、原則として個別の組合ごとの独立採算性になっていますが、JAバンク全体でみると、日本最大級の金融機関ともいえます。

 

JAの正会員はほとんどが米作を中心とする農家ですが、貯金やローンなどは会員でなくても利用できます。
しかし、正組合員世帯以外の人がJAバンクと取引を行う際には、JAに出資金を納めて、准組合員となる必要があります。

 

JAバンクでは前述のとおり個別組合ごとの独立採算性になっていることもあり、住宅ローンについては、JAバンク全体で大まかな概要は決まっていますが、組合ごとに提供している金利やサービスなどが異なっています。
また、多くの組合で、JAバンクと同系列にある共済事業が提供している団体信用生命共済に加入することや火災共済に加入することを条件としているケースが多いようです。団体信用生命共済や火災共済は、一般の金融機関の住宅ローンでいう団体信用生命保険や火災保険に相当します。

 

JAバンクはすべての都道府県にありますので、日本中どこでもJAバンクの住宅ローンを利用できます。

 

住宅ローンの相談会も、47都道府県の全てで実施されています。
また、JAバンクの住宅ローンでは、他の金融機関に比べ、ローン審査が比較的緩やかだといわれています。従って、JAの会員でなくても多くの人が住宅ローンを利用しやすくなっています。

 

 

今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も是非、オーバーローンにならないようにしましょう。

 

借入れをする目的が家を購入するためのものなので、他の目的で使用してしまうと法律違反で逮捕されてしまいます。

 

なので、どれ位の物件で費用はいくら必要なのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

 

仮に、契約した借入れ内容に不具合があれば紹介した不動産会社は今後仕事が出来なくなる可能性があります。

 

メリットだけでなくデメリットにも視点をあてながら、今の現実にとらわれずに将来をしっかり見据えましょう。

 

参考:住宅ローンランキング!銀行どこがいい?【2018年のおすすめ】

 

JAバンク住宅ローンを検討している方や既に申請されている方も、これから紹介する情報を聞くか聞かないかで10年後に全く変わる早速、実践して頂きたい秘密の節税対策をご紹介します。

 

審査に通れば年間で30万円ほどの節約も可能になるので、出来れば早めに確認しておくと安心ですね。

 

申請可能となる方の条件として新築を建てた方、或いは、中古住宅を買取りされた方になります。

 

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

 

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で少しでも税金を減らして貯蓄にまわせたら良いですね。

 

自分の家を購入する事はあこがれでもあります。

 

ですが、自分の家を購入する際には必ずJAバンク住宅ローン審査が必要です。

 

家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

 

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

 

JAバンク住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

 

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

 

審査に通過できない一番の理由は収入面です。

 

JAバンク住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。

 

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

 

JAバンク住宅ローンを組むにはまず頭金と言う物が必要です。

 

頭金が無くても購入出来る!と言った様な広告もありますが、確かにそれでも購入は可能でしょう。

 

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

 

月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やはり最初に頭金を少しでも支払うと良いと思います。

 

頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅購入には他にも色々な費用がかかりますので目安を20%として、支払える範囲で検討する事をお勧めします。

 

自宅が欲しいと思ったときほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。

 

たくさんある金融機関、どこでも申し込み可能なので評判が良い所を探したいですよね。

 

その様な場合は、口コミを読むと良いです。

 

サイト上には、資金関係はもちろんのことお客様に対する接客態度やお店が感じ良いかどうかまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるので契約を良いものにしたい人には参考になると思います。

 

今後、新築を購入する計画を立てている方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

 

年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、金利や返済開始月など細かく条件を設定できるので、準備すべきJAバンク住宅ローンの金額が分るので計画を立てやすいです。

 

誰でも簡単にできるシステムなので使いやすく、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもお勧めです。

 

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

 

不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

 

JAバンク住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。

 

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

 

団体信用生命保険という物は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、ローンの残額が無くなる。

 

という保険です。

 

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

 

保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行が負担してくれる所が多いです。

 

自分が保証料を支払う必要はないので、安心してJAバンク住宅ローンの申し込みが出来ます。

 

将来に備え住宅のご購入を考えていらっしゃる方も多いと思います。

 

購入に当たりJAバンク住宅ローンを組まなくてはいけません。

 

JAバンク住宅ローンは銀行のほかネットバンクや信用金庫などからも申し込みが出来ます。

 

JAバンク住宅ローンには金利・審査・諸費用が必須です。

 

審査時間はだいたい1週間前後のことが多い様です。

 

ローン金利の決定は契約完了の月の物が採用されます。

 

諸費用は人それぞれですが、少なくとも数百万単位かかると思っておいても良いでしょう。

 

住宅購入を考えても自分の家になるまでこれらの用を済ませて行かないといけません。

 

多くの方が申し込み~3.4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。

 

これから、ローンを組んで住宅を購入する予定の方は完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

 

通常は、25年か35年で申込みされる方が多いのですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

 

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

 

まとまったお金が手に入った時にそれらも返済に充てたい時は、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

 

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

 

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。

 

近年、様々な特典のあるJAバンク住宅ローンが紹介されており人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

 

そのような場合にスペシャリストであるアドバイザーに相談し、借金をするやり方もありますがその分、費用もかかります。

 

利息の代金も完済するまでは払わないといけないので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

 

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

 

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。

 

自分だけの自宅が欲しいと思ったときに銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

 

しかし、銀行や信用金庫は多数ありますから、どこのを選んでよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

 

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋にお任せしたり、ネットバンクなども受付可能です。

 

しかし、どこで受け付けようとも審査を受ける必要があり申し込めば通過するといった物ではありませんので、注意してください。

 

今までの人生の中で一番高く大きな商品ともいえる、JAバンク住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

 

将来に備えてお金を借りる銀行を探し中の方も、口コミが他の情報よりも分りやすく参考になる事があります。

 

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

 

その人気の理由は、何よりも金利の安さにあります。

 

繰上げ返済をしたい場合の手数料も無料でしてくれますし、かつキャンペーン中に申し込むと特典が沢山あります。

 

とは言っても良い評判だけでないのが事実でもあります。

 

実際にスタッフに問い合わせるなど自分でも確認してみましょう。

 

自宅購入を考えた時役立つものとしてJAバンク住宅ローンがあります。

 

申請方法は、銀行・信用金庫から出来ますがマイホームを購入するときは不動産屋に行く方が多いと思うのでそこで提携している金融機関に申し込みをしても良いと思います。

 

返済期間に関しては人それぞれになりますが一番長いもので最長35年が選べます。

 

とはいえ、年齢によっては35年を選べない場合もあります。

 

おおかた、40歳オーバーの申請からなかなか難しくなる。

 

といったケースが多くあります。

 

新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そういう時はJAバンク住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

 

ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。

 

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

 

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ物件を扱う会社も早めの返済を求めてくるのです。

 

安価な価格で購入できる利点もありますが、しっかり調べないと思っていたよりも高い支払いを迫られるかもしれません。

 

古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせて総支払い額はどれくらいになるか調べておきましょう。

 

マイホーム購入資金の調達として頼りになるのがJAバンク住宅ローンだと思います。

 

申し込み方法はいたって簡単で自宅近くの銀行などでも受付可能ですしインターネットバンキングでも良いと思います。

 

さらに、不動産屋とつながっている銀行等に任せる方法もありますので、都合に合わせて選べます。

 

申請後は審査があり、支払が始まった場合10年間ぐらい控除を受けることが可能です。

 

その場合は、年末調整ではなくローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。


JAバンク住宅ローンの概要は?誰でも借りやすい?

今回は、JAバンクが提供している基本的な住宅ローンの概要についてご紹介したいと思います。

 

 

まず、ローンの用途は、住宅の新築や購入、住宅用の土地の購入、住宅の増改築、他の金融機関から借りている住宅ローンの借りかえ等に限定されています。

 

 

ローン債務者の条件としては、

借入時の年齢が20歳以上66歳未満となっています。

   一般の金融機関では、借入時の年齢制限を70歳未満とするところが多いようなので、やや厳しく
   なっています。

また、ローンを完済する時の年齢は80歳未満である必要があります。
また、勤続年数が3年以上で、前年度の年収が税込で200万円以上という条件も
   明記されています。

 

●融資期間は3年以上35年以内です。
また、
●融資金額は10万円以上5,000万円以下となっています。
一般の金融機関では、融資金額の上限を1億円程度としているところが多いようなので、こちらもやや制限が厳しくなっています。

 

但し、JAバンクは一つ一つのJAが独立採算制をとっていますので、年齢や年収などの条件も、各JAによって異なる場合があります。

 

JAバンクでは、全体的にみて、一般的な金融機関の住宅ローンよりも制限を厳しめに設定している傾向があります。
それだけ、融資に対して慎重だということだと思います。しかし、制限をクリアしていれば、住宅ローンの審査自体は、他の金融機関よりも緩めだともいわれています。

 

高額なローンでは必須といえる連帯保証人については、一般の金融機関と同様に、保証会社による連帯保証を受けることが一般的です。
保証会社は各JAが指定しており、保証料を保証会社に支払う必要があります。
また、団体信用生命共済に加入することが義務付けられていることが多いですが、基本的には各JAが掛金を支払います。

 

●返済方法は、元利均等返済または元金均等返済が選べます。
また、
●金利タイプは、固定変動選択型、変動金利型、固定金利型の中から選ぶことができます。
※しかし、融資条件など各JAによって違う場合がありますので、詳細については、近くのJA窓口あるいは、インターネットで問い合わせる必要があります。

 

多くのJAでは、固定変動選択型をベースにした住宅ローンをメインに提供しています。

 

住宅ローンの基準金利や金利の優遇措置についても、各JAによって様々に設定されています。また、JAバンクの預貯金口座を給与振込口座に指定したり、カードローンやJAのカードなどを作ったりすると、金利の優遇措置を受けることができる場合も多いようです。

 

また、JAバンクでは、増改築や改修・補修などのリフォームを対象とした住宅ローンを組むことも可能です。