住宅ローンの審査が早い銀行は?

住宅ローンの審査が早い銀行はどこですか?

口コミイメージ

住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。

住宅ローンの金利をわけると変動金利と固定金利という物があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、住宅ローンの審査が甘いからといって、銀行側からはおすすめなど一切何も言われません。

多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。

また、金利のタイプによって住宅ローン審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で住宅ローン審査が行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。

自分の家を購入したい!と考えた時住宅ローンが役立ちます。

住宅ローン審査の申請方法は、銀行・信用金庫から出来ますが家を購入する際は不動産屋に足を運ぶ方が多いと思うので不動産屋と提携している住宅ローンの審査が早い銀行や信用金庫に申請しても良いと思います。

返済期間は人によってそれぞれですが一番長くて35年の借入期間が選択できます。

とはいえ、住宅ローン審査の年齢によっては35年を選べない場合もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みはなかなか難しくなる。

といったケースが多くあります。

これから、住宅ローンを組んで住宅を購入する予定の方は完済するまでに何年で申し込むのか選択する必要があります。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが調査結果では、満期より短い期間で返す方が多いようです。

たいていの場合は、出来るだけ早く住宅ローンの返済を出来るようにしています。

まとまったお金が手に入った時にそれらも返済に充てたい時は、初期費用や設定にお金がかからない甘い所を選択しましょう。

将来かかってくる経費と今の状況を合わせて考えながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

住宅ローン審査が早いのか気になる人は直接、スタッフに相談して決めるというのもおすすめです。住宅ローンを急ぎで借りたいという場合はそれほど多くは無いのですがそれでも人によってはそういったニーズがあるのは確かです。

参考:審査が早い住宅ローンはどこ?急ぎで借りたい【本審査は時間かかる?】

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、どの住宅ローン審査が早い銀行が一番人気で負担も少ないのか分らなくて、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

ただ第三者である銀行の担当者の意見を聞いてから、住宅ローンを組むという方法もありますが、有料のところが多いです。

消費者である私達はこれから先も金利を払う義務があるので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

最近は、仲介になってくれる方がFPを兼任している事が多くお金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

自分で出来る範囲で住宅ローンを勉強しておくといいですね。

ただでさえ住宅ローンはとても高い買い物になるので、少しでも金利を抑えたいという方が殆どだと思います。

そこで今回は、住宅ローン審査が早い所や安い価格でサービスも充実している知っていると得するおすすめの銀行をご案内します。

『イオン銀行』の住宅ローンがお得だととても評判なのです。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、かつ住宅ローンを借りている人限定でイオンで買い物をすると、割引される嬉しいサービスが付いてきます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

もし何か問題があった時の対応も調べておくと良いですね。

家を購入しようとしたときの最初の難関は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

多くの方は、銀行などから住宅ローンを借りると思います。

住宅ローン審査が早い銀行に申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。

期間は最長で35年もありますので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

団信保険は世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残りのローンが0円になる。

という事で、残された家族にもありがたい保険です。


審査が早い住宅ローンの特徴とは?

住宅ローンは家を購入するときにほとんどの人がお世話になるもの。

住宅ローンの申し込み法は手軽にでき職場や自宅近くにある銀行でも良いですしネット銀行でも良いと思います。

さらに、不動産屋さんが紹介してくれる銀行等に任せるやり方もあります。

申請後の住宅ローン審査が早い銀行に通り、実際の支払が始まった場合約10年に渡り、所得税の控除、いわゆる住宅ローン減税が受けられます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて支払いを開始した年の確定申告を自分で行う必要があります。

毎月の住宅ローンの支払いをしているとまとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。

そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。

繰り上げ返済とは月々の住宅ローンとは別のもので、まとめて現金を返済する方法です。

繰り上げ返済をすることによって、住宅ローン元金を減らす事が出来ますので、元の借入額を減らす事が出来ます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。

数ある中から迷っている方はネットで住宅ローン審査が早い物を探してみて下さい。

住宅ローンの審査が甘いところで借りるときにはまず、まずは住宅ローンをどこの銀行にお願いするか決めないといけません。

ネットバンク・労金・地元の信用金庫など住宅ローンを借りられる金融機関は数多くあります。

金融機関によって住宅ローン審査の違いは大きいのですが、審査が早いネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。

住宅ローン審査が早い所や店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の返済額を少しでも少なくしたい方や忙しい方におすすめの住宅ローンです。

これから住宅ローンでお金を借りたいと希望している方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

そのため、住宅ローン審査が早いなどの口コミや、利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる諸費用がかさむと、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

金利の種類によって支払う金額も大きく異なるため、将来の負担を抑えながら総合的に判断する事をおすすめ致します。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

自分の家が欲しい!と思う方は多いと思います。

とはいえ、家は高額な買い物です。

そこで、現金ですぐに支払いができる。

という様子は誰でもできる事ではありません。

では、借金をするための住宅ローンはどういった所を選べば良いのか。

色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行・信用金庫などの住宅ローンの審査が甘いところで借り入れする事です。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが銀行と不動産屋が協力している場合もあるので、不動産屋任せにしても良いと思います。

近い将来、家族と住むためのマイホームを建てたい方費用にいくらかかり、どれくらいの住宅ローンの返済期間が必要なのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

特別収入が入った時にそれを利用するのかどうか、どれくらいの金利で何年間のローンと仮定し試算するのか、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。

どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、住宅ローンの審査が甘い所など、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもおすすめです。

とは言っても、これはあくまでも目安として考えましょう。

分らない点は実際に店舗に行って相談してみると良いですね。

この先、しばらく付き合っていく住宅ローン審査が早い銀行に申し込みたい方はボーナス払いを視野に入れる前に注意して頂きたい事があります。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、景気によって金額が変わることも有り得ます。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、ことのほか少ないという調査結果も出ています。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、任意返済が出来る住宅ローンの銀行を探してもいいですね。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

その一つが新築物件よりも、住宅ローンの返済期間が短くなってしまう点です。

理由として、年数が経過しているために安全性が問われ通常よりも10年ほど早めに求められるケースが多いです。

安価な価格で購入できる利点もありますが、住宅ローンの審査が甘いのか、しっかり調べないと逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、どの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

住宅購入の際に絶対に必要になるのが住宅ローンです。

住宅ローンの申し込みは銀行や信用金庫で行っています。

住宅ローン申請の際は、収入や勤務状態などの証明する資料を用意する必要があります。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側もあなたの年収や勤続年数をしっかりと住宅ローン審査をします。

以上の事から、住宅ローンは申し込めば確実に通る。

といった様な住宅ローン審査が早いものではありません。

通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。

一般的な審査基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が年収の最低ラインと言われています。